江戸川区 南小岩 保育園 認証保育所 どんぐり保育園小岩

江戸川区 | 南小岩 | 保育園 | 認証保育所 | どんぐり保育園小岩

子ども一人ひとりを大切にし、様々な活動や体験を通して豊かな心情、意欲、態度を育てます。
保護者が生き生きと生活し、明るく楽しく子育てができるよう援助します。
子どもの健康や安全を守り、子どもが心から安心できるような関わりをします。
地域の子育てを様々な活動を通して積極的に支援します。
子どもは遊んだ分だけ 明るくなれる
子どもは遊んだ分だけ 大きくなれる
子どもは遊んだ分だけ やさしくなれる
子どもは遊んだ分だけ 我慢強くなれる
子どもは遊んだ分だけ 知恵がつく
どろんこ遊び、砂遊び、遊びは何でも大好きで
ともだちがたくさんいて 虫や動物 花が好き
時々けんかして 泣かしたり 泣かされたり
おかしいときには 大笑い
悲しい童話 紙芝居には 涙ぐみ
しかられると しゅんとなり
ほめられると 有頂天になってよろこぶ
しつけ けじめだけは しっかりして
目は きらきら輝いている
こんな子どもらしい子に育てたい 

(道灌山学園保育福祉専門学校長 高橋系吾先生語録より)  
どんぐり保育園では高橋系吾先生の保育理念に共感し、安全で子どもも保護者も安心できる保育環境作りを心掛け、「骨までおひさま青空保育」「子どもの心に残る保育」を行なっています。

保育士から子どもへの笑顔、包容、話かけ、明るい歌い声を大切にし、睡眠・食事・排泄等の基本的生活習慣の習得は楽しく気持ちよくをモットーとしています。又、子どもを取り巻く環境の変化に対応し、地域の子育て支援を積極的に行い、育児に関する相談に応じ、助言するなどの役割を担っています。
どんぐり保育園小岩では
一人ひとりの子どもを大切にし、集団生活を通して、
縦割り保育とやさしい保育士とのかかわりによって
外遊びによって
童謡・絵本によって
話すこと、聞くことを学び、言葉への興味関心を深め
抱擁(包容)・握手(あいさつ)によって
人とのふれあい・関わり合いを深め
食物を育て、調理し、食べるなど
食に対する興味関心を広げ
  • 『どんぐり保育園では、園外保育の時間を多くとっています』
    子どもの生活は大別して、食事・排泄・休息・衣服の着脱などの生活に関わる部分とあそびの部分がありますが、子どもの生活の中心となるのは「あそび」です。 あそびは、子どもの発達と密接に関連していて、あそびによって発達が刺激され助長されます。

    発達に必要な体験がお互いに関連しあって営まれています。
    子どもと「生活」や「あそび」を共にする保育士は、あそびを通して保育をしながら、 一人ひとりの子どもの心身の状態や家庭環境をよく把握し、発達の援助を行なっています。

  • 毎日が楽しい!「どんぐり教室」やってます!

    ❤主に2歳児以上❤

    月曜日:鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)
    火曜日:体育あそび
    水曜日:絵画制作・ワーク
    木曜日:英会話(ECC)
    金曜日:みんなであそぼう(青空保育)

    「みんなで遊ぼう(青空保育)」は、読み聞かせ、ゲーム、リズム体操(ジャクパスポーツクラブ)などを公園でやっています。遊びに来てね。
    開催日は保育園の掲示板をご覧ください。

  • 子どもにとって食べることは、身体の発育だけでなく、情緒面の発達にも影響を与えると言われています。 その上乳幼児期は発育盛りのときでもあり、日々の活動も激しくからだの小さいわりに、多くの栄養を必要とする時期でもあります。

    そこで保育園給食では、質、量、栄養を十分に考え、変化にとんだ献立を立てると共に、マナーの習得や楽しく食事ができるように、いろいろと配慮しています。

  • 1.園内で手作り給食(昼食・おやつ・軽食)を行っています。
    2.乳幼児期は、咀嚼・消化吸収や代謝能力が未熟なので、発育段階に合わせた給食を行っています。
    ※どんぐり保育園では、除菌洗浄水生成器「ミニクローラ」によって野菜の洗浄を行い、野菜や果物の本来の香りや味を感じて食べられるようにしています。 ⇒「ミニクローラ」について詳しくはこちら
    その他、食器やインフルエンザウィルス等の消毒には薬剤を使用せず、安全で安心な電解次亜塩素酸水を作って園内やおもちゃなどの消毒を行っています。
    3.乳幼児期は、細菌感染に対する抵抗力が弱いので、衛生管理には十分に注意しています。
    4.一部の生野菜、果物を除き、加熱調理しています。
    5.味付けは、薄味にしています。
    6.季節の食品を取り入れ、新鮮なものを使用しています。
    (生鮮物は前日に買出しします)
    7.有害添加物を使用した食品、原材料のはっきりしない食品は、使用していません。
    8.保育園では、一日の栄養所要量の乳児は50%、幼児は40%をとることを目安としています。
    9.アレルギー食(除去食)、宗教食(除去食)への対応や、軽食(18:30以降保育がある場合)も行っています。
    10.どんぐり保育園では、「おかわり」を推奨しています。